オス化女子つるぞの【11】南国での浮気心・・・通りすがりのヤドカリが断ち切ってくれました!?

束縛したがるカレと
縛られるのも振りまわされるのも、嫌な私。

激しく対立する二人のあいだで
仁義なき戦いは、何ヶ月も続きました。

前回のお話は、こちら↓

オス化女子つるぞの【10】手負いの虎 VS. 屈強な男、仁義なき戦いが勃発しちゃいました!?

2019年12月14日

このシリーズ全話のリストは、こちら↓

【実話】オス化女子つるぞのが恋愛での数々の失敗を乗り越えて幸せになるまでのストーリー【記事リスト】

2020年1月1日

もう喧嘩ばっかりで楽しくないし
思う存分仕事できないのであれば
カレとは別れるしかないかな・・・

と思うようになったころ、私の職場で
慰安旅行に行くことになりました。

当然カレは
あまり良い顔をしなかったのですが
もうウンザリしていた私はかまわず
参加を決めたのです。

行き先は、グアム☆

グアムに着いて最初のあいだは
旅立つ私を見送った
カレの不機嫌な顔がちらついて
気分がすぐれなかったのですが
そんなのも束の間。

すぐに南国の空気になじんで
開放的な気分になりました

カレがいないと
なんて自由で、楽しいんだろう。

もう帰りたくないわあ~

って思うほどでした。

同僚の男性で
ものすごく意気投合した人がいました。

彼はとても陽気で、アクティブで
自由でした。

彼と一緒にいると
まるで子供にかえったように無邪気に
いろんなことを楽しめる気がしました。

なんだか
小さな男の子どうしの友だちのような
そんな無邪気で楽しい関係

でも、ちょっと恋心も
私の中にあったりして・・・

そんな彼と
二人っきりになるチャンスに
めぐまれたのです。

グアムでの最後の夜

夕食の後
他のみんなは、部屋に帰ったのですが
彼と私は

「最後の夜なのに、もったいない

と、ホテルの裏のビーチへ。

浜辺に腰をおろして
真っ暗な海を見ながら
いろんな話をしました。

お互いに
ハートをオープンにして語り合ってる感じで
なんだか、魂と魂が触れ合っているような
そんな感覚さえありました。

「真実のパートナーがいるとすれば
日本で待っているあのカレではなく
この彼なのではないか?」

「いっそのこと、このまんま
過ちでも犯してしまおうかしら・・・」

そんなことまで
私は考えてしまってました。

ホンマに、けしからん奴です

2時間近く経ったころでしょうか

「ビールが飲みたいね」

という話になり、2人は
お互いの部屋にいったん戻り
冷蔵庫のビールを
持ってくることにしました。

2人は、ビーチをあとにしました。

ホテルの廊下まで来たところで、私は
或る小さな生き物が
廊下を横切っているのを見つけます。

それは、ヤドカリでした。

それがですねえ~
日本の海で見かけるのより
ふた周りくらい大きくて
ハサミも、片方だけ異様に
大きかったんです。

まあ、それでも
手のひらに収まる程度の
小さな生き物だったし
そのコロンと丸い形が
なんとも可愛らしくて、私はつい

「あ、可愛い~~~

と、拾いあげてしまったんです。

一緒にいた彼は

「あぶないから、やめとけって

と言ったのですが、手遅れでした。

ハサミで挟まれないように
ちゃんと殻を持ってたんですが

このヤドカリ
びっくりするくらい身体(?)が
柔らかくて
(中国雑技団並みですw)

グニュ~~~っと
ハサミを殻のほうまで伸ばしてきて
私の指を挟んだのです

「痛いっっ

慌てて手を振り
ヤドカリを外そうとしましたが
ヤドカリは、私の右手の親指を
すごい力で挟んだまま、放しません。

それどころか、外そうとすればするほど
ギュ~~~っと力を強めて
抵抗してきます

彼も最初は
ヤドカリを引き離そうとしたのですが
ますますヤドカリがハサミの力を強め
あまりの痛さに私が悲鳴を上げたので
困ってしまいました。

そこで彼は、私をその場に座らせ
ヤドカリがしがみついている右手を
床につかせました。

「もう、ヤドカリを
踏み殺してしまうしかない

確かに、そうでもしないとヤドカリは
放してくれそうにありませんでした。

親指をみると血だらけで、どうやら
ヤドカリのハサミは
私の親指の爪を割り、その下の肉にまで
喰いこんでいるようでした。

痛いなんていうもんじゃありませんよ
(そうは言っても、「痛い~」しか
言葉が出ませんでしたがw)

ところが私は、そんな状態にもかかわらず

「それだけはやめてっっ

と、彼の提案を拒んだのです

彼は困惑しました。

「えだって、コイツを殺さないと
キミの親指は助からないよ

何度も何度も
説得しようとしてくれたのですが
それでも私は、拒みつづけました。

私は、熱烈な動物愛護主義者では
ありません。

このヤドカリに対しても
なんの愛着もありません。

自分の親指と、このヤドカリ
どっちが大事やねん?

って聞かれたら、即座に

「もちろん、親指

と答えたでしょう。

なのに、なぜ???

とってもバカげた話なんですけどね

このとき、私の頭の中では
目の前のヤドカリと、日本にいるカレが
重なってたんです。

あ、言っときますが、カレ、べつに
ヤドカリっぽい人というわけじゃ
ないですよw

でも、なぜか、あのときの私には
ヤドカリとカレが
同じに思われたんです。

で、同僚の彼がヤドカリを踏み殺すのを
想像したとき

「やっぱり、(日本にいる)カレを
捨てるわけにはいかない

って、とっさに思ったんです。

喧嘩ばっかりで自由もないし
そんなカレなんて、さっさと別れて
目の前の同僚の彼と、付き合ったらええやん

さっきまで、そんなふうに
思ってたはずなんですけどね

いざ、「じゃあ、別れちゃう?」って
考えたとき

「やっぱり、別れるわけにはいかない

って、思ったんです。

やっぱり、カレのことが好きだから。

カレのことが、大切だから。

超自立男性との恋がダメになって
ものすごく傷ついて以来、私は
「好き」という気持ちよりも

「どうやったら、自分が傷つかずにすむか」

ということにばかり
気をとられていたように思います。

相手を愛そうとか、相手を大切にしようとか
そういうことよりも

自分が傷つかないために
深入りしないようにしようとか

振りまわされないようにしようとか

恋ではなく仕事に打ち込もうとか

そんなことばっかり考えて
男性と付き合うようになっていました。

でも
そんな腰のひけた付き合いかたをしたって
私も相手の男性も、幸せになんて
なれませんよね

こんなことになって初めて、気づいたんです

「それでもやっぱり、私は
カレが好きなんだ」

って。

「カレのことを大切にしたいんだ」

って。

ヤドカリに挟まれて
そんなことに気づくなんて・・・

いやいや
私のカレへの想いは、どうでもいい

いや、どうでもよくないのですが

今はそれよりも、目の前のヤドカリです

私の親指、どうしましょう?

結局、同僚の彼が
フロントからハサミを借りてきてくれて
ヤドカリのハサミの付け根から
断ち切ろうとしたら、ヤドカリも
「アイタタタ
って私の親指を解放してくれました・・・。

親指の爪はグチャグチャに砕けて
内出血で真っ黒になってしまいました。

どれくらい痛かったかというとですねえ〜

出産って、ものすんごく痛い
って言うじゃないですか

私も、1人産んでますけどね。

でも

「ヤドカリと出産と、どっちが痛い?」

って聞かれたら、迷わず

「ヤドカリ

って、答えるくらいです

出産は、またあってもいいかな
って思いますが、ヤドカリは
もう二度と嫌ですね

まあ、痛いうんぬんよりも
かたや出産は「建設的な痛み」だけど
ヤドカリに親指挟まれても
なんの得にもなりませんもんねえw

で、親指すんごいことになって
グアムから帰国したわけですが・・・

カレには
ヤドカリに挟まれたことは話しましたが
そのときの詳しい経緯は
後ろめたくて言えませんでしたね

帰国した私を、カレはやっぱり
不機嫌な顔で出迎えました。

状況としては、出発する前と
なんら変わっていません。

でも私は、親指ちぎられそうになって
自分の本当の気持ちに
気づくことができたわけで、そのことが
カレとの関係に変化をもたらすことに

・・・なったのかどうかは
また次のお話で☆↓

オス化女子つるぞの【12】ヤドカリにちょん切られたのは親指ではなく○○○でした!?

2019年12月15日

 

"自由で幸せな結婚の秘訣"
今なら無料!

しかも今なら
『貴女の未来は大丈夫?Gear婚チェックリスト』
もおつけします!

【無料】鶴園みあ公式メルマガ
にご登録ください


鶴園みあ
【ムリやガマンをすることなく、ありのままの自分で幸せな結婚】をポリシーに、恋愛体質改善のヒントをお届けしています

・ブログやSNSにアップしていない恋愛体質改善のヒント
・鶴園みあと直接会うことができるセミナーやイベント情報
・その他、非公開のシークレット・コミュニティ

こういった情報を、いち早く、確実に、手に入れられるのは、この「鶴園みあ公式メルマガ」のみです

ぜひご登録ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

NOANOA代表 アラフォーの独身女性を幸せな恋愛・結婚に導く専門家。恋愛に大変苦労し、心理カウンセリングのスクールを受講。その翌年に結婚、翌々年に長男を出産。自身の経験から、アラフォー独身女性が幸せな結婚が出来るよう、現在は大阪市を中心に、心理カウンセリングやセミナーを開催している。