オス化女子つるぞの【12】ヤドカリにちょん切られたのは親指ではなく○○○でした!?

グアムでヤドカリに親指を挟まれ

「やっぱりカレが大好き
カレを大切にしたい」

という自分の気持ちに
気づかされたことがきっかけで

私の言動は、ごく自然に
変化していきました。

前回のお話は、こちら↓

オス化女子つるぞの【11】南国での浮気心・・・通りすがりのヤドカリが断ち切ってくれました!?

2019年12月15日

このシリーズ全話のリストは、こちら↓

【実話】オス化女子つるぞのが恋愛での数々の失敗を乗り越えて幸せになるまでのストーリー【記事リスト】

2020年1月1日

残業で遅くなるときは
カレがしびれを切らすより前に
ちゃんと連絡をするようになりました。

飲み会などに参加するときも
事前にカレに相談するようになりました。

もっともそんなことは
前からやってたんですけどね

同じことをしているようでも
じつは全く違ったのです。

というのも今までは
カレに連絡したり、相談したりしながらも

「だって仕事が大事なんやから
残業で遅くなって何が悪いねん

とか

「飲み会にいくかどうかなんて
私の自由やんか

とか

「なんでアンタに
とやかく言われんとあかんねん

とか、そういう気持ちが私の中にあったので

「何が悪いねん

っていう開き直りというか威嚇というか
そんな攻撃的なものが、
言葉の端々に出ていたと思うんです。

でも、ヤドカリに挟まれてからは

「カレだって、寂しいって思うよね」

と、カレの気持ちにも意識がいくようになり

「遅くなって、ごめんね」

という思いやりの気持ちや

「飲み会、行ってもいいかなあ?」

と、純粋にカレの意見に耳を傾ける姿勢が

私の言葉や姿勢に
顕れるようになった気がします。

また、残業や飲み会の頻度も
わずかですが、減りました。

あんなに
仕事命飲み会大好き
だったのに、です。

べつに、カレのために
やりたい仕事、行きたい飲み会を、我慢した
というわけではありません。

これまでだって
ちょっと回数を減らすぐらい
べつによかったんです、本当は。

でも、過去の恋愛で
さんざん男に振りまわされた嫌気から

「もう二度と、男に縛られたり
振りまわされたりするもんか

という強い想いが、私にはありました。

そして

「ここでちょっとでも折れて
回数を減らしたりしたら
カレの干渉がどんどんエスカレートして
私はまた以前のように
縛られたり、振りまわされたり
するんじゃないか?」

という恐れがあったんです。

さらに私には

「何をしようと私の自由。
他人に干渉されるいわれはないわ

という考えがあり、そして私は
この自分の考えが正しい
と思っていました。

自分が正しいのに
どうして折れなければいけないのか
折れたら負けたことになる
自分が間違っていたと認めることになる
そう思っていたんです。

だから、ぜったい折れるもんか
残業や飲み会の回数も
ぜったいに減らすもんか
って、意地になってました。

でも、自分はカレのことが大好きなんだ
カレを大切にしたいんだ
カレと仲良くやっていきたいんだ
という自分の気持ちに気づいてからは

「カレが喜ぶんなら
カレと仲良くやっていけるんなら
自分の意地とか正しさなんて
どうでもええやん」

と、思えるようになっていったのです。

すると
もともとは、恐れや意地さえなければ
私としても、ちょっとくらい
回数を減らしたって
べつによかったわけですから
特に我慢をするでもなく
残業や飲み会の回数を
減らすことができました。

気持ちが変わると
本当に自然に、無理せずに
言動って変わるものなんだなあ
って思います☆

そして、パートナーの片方が変化すると
もう片方もこれに呼応するように
変化するようです。

カレのほうも、変化しはじめました。

自分の気持ちを受け容れてくれている

自分のことを思いやってくれている

自分のほうを向いてくれている

という安心感が
感じられるようになったせいでしょうか

あまり、やいやい言わなくなったのです。

今まで、あんなに

「まだ仕事って
いつになったら帰るねん

「また飲み会にいくんか

と、私が何をするにも何処へいくにも
不満たらたらな態度を見せていたカレが

「残業?そっか、仕事なら仕方ないやん。
頑張って」

「飲み会?楽しんどいで。
遅くなるんやったら、帰りは気ぃつけてな」

と、寛容な態度に変わっていったのです

さらに、素敵な変化がありました。

それは、私が自分の楽しみを
カレと分かち合おうと
するようになったことです。

大学時代に始めた
スキューバーダイビング

就職してからも続けていました。

仕事は死ぬほど忙しかったけれど
たま~の休みには
海に潜るのが、私の楽しみでした。

カレと付き合うようになってからも
貴重な休みをカレと過ごすのではなく
ダイビングに使っていたんです。
(今思えば、これはちょっと・・・
ですね

束縛したがるカレのことですから
もちろん、ダイビングに出かける私のことも
ものすごく不機嫌な顔で見送ってました。

でも私は
カレをダイビングの世界にひきずりこんで
一緒に潜りにいくようになったのです。

カレ、あんまり
アクティブな人ではないんですけどね
いちど体験ダイビングに連れていったら
すっかり海に魅せられて
ハマってしまいましたよw

ダイビング以外でも
これまで一人で出かけていた場所や
楽しんでいたものに、可能なかぎり
カレを引っ張り込むようになりました。

おかげで、カレが寂しいと感じることは
ずいぶんとなくなったようです☆

こうして、2人のあいだに長く続いていた
”戦争”は終わり、平和が訪れました。

人間関係において
互いのやり方の違いや価値観の違いから
対立が生じることって
よくありますよね。

そんなとき、私たちはつい
自分の主張が正しいのだ
ということを証明したくて
そして相手に自分の正しさを認めさせたくて

相手のことが大好きだったことなんか
すっかり忘れて

相手の間違いを指摘したり
弱さを責めたりして

徹底的にやっつけようとしちゃいませんか?

でも、その戦いの先には
何が待っているのでしょう?

もちろん
相手と戦いたくないからと
自分の気持ちに蓋をして
我慢ばかりしていたのでは
辛くなっちゃいます。

でも、だからと言って
相手を徹底的にやっつけて
完全勝利を収めたとしても・・・

たとえば戦争で
相手国からこっぴどく爆撃を受けて
すっかり焼け野原になってしまった敗戦国。

仮に戦争の原因となった非が
100パーセント、こちらにあって
相手国が全く正しかったとしても

敗戦国の国民は
自分の国を焼き尽くされた
自分の家族を殺されたという
遺恨や敗北感のほうが強くて

「そんな正しい相手国、好きだわ~~~

とは、思いにくいですよね。

人と人との対立も同じです。

仮に相手が、貴女の正しさを認め
自分の間違いを認めたとしても
自分のことをこてんぱんにやっつけた
貴女のことを

「そんなキミが好きだ~~~

なんて、思いにくいのです。

貴女の完全勝利によって
相手の心に生まれるのは
貴女への愛ではなく
罪悪感、敗北感、遺恨
なのかもしれないんです。

しかも、貴女の心もまた
相手を愛しづらくなります。

相手を完全に打ち負かしてしまうと
相手にときめかなくなってしまう
というお話は、以前、しましたよね。
第8話

貴女が完全勝利を収めたとしても
相手とラブラブにはなりづらいのです。

そもそも、相手だって
負けたくないって頑張りますから
どちらかが完全勝利というかたちで
決着がつくことって、
なかなかないのでは?
とも思うんです。

ということは、両者一歩も譲らず
戦いは延々と続くことになりませんか?

そうなると、どちらも、やがて
クタクタのボロボロになりますよね。

パートナーとそんなふうになりたくて
お付き合いをする人って
いないと思うんです。

誰だって本当は
パートナーと愛しあって
仲良くしたいのではないでしょうか?

貴女がパートナーとのあいだで
欲しかったもの、それは
「愛」であり、「ラブラブな関係」のはず。

そしてそれらは
いま貴女とパートナーとのあいだで
繰り広げられている戦いを
延々と続けることや、完全勝利することでは
手に入りません。

私のようにパートナーとのあいだに
”仁義なき戦い”が勃発してしまった場合
ふたたび愛と平和を取り戻すには

「本当は自分は、この人が大好きなんだ」

「本当は自分は、この人と
ラブラブになりたいんだ」

というように、自分の中の愛やビジョンを
再確認することが大切です。

まあ、さんざん喧嘩をしていると
意地とか反発心などもあって
相手を愛してるなんてことを認めようにも

「ケッタクソ悪い

という、ものすんごい抵抗が
出てきたりするものなんですけどね

でも、意地や反発心のせいで
本当に欲しいものを取り逃がして

「こんなつもりじゃなかった

なんてことにならないためにも
ここを乗り越えてほしいな、と思います。

そして、今までしがみついてきた
ご自身の正しさではなく
ご自分の中の「大好き」
「ラブラブになりたい」
を選択してくださいね。

・・・と、心理学の理論にしたがえば
そういうことになるのですが、当時の私には
そんな知識なんて全くありませんでした。

ただ、ヤドカリに
親指をちぎられそうになるという
ミラクル(?)のおかげで、はからずも
これを実行することができたのです。

あのとき
ヤドカリがちょん切ってくれたのは
私の親指ではなく
私が長らくしがみついていた
”自分の正しさ”だったのかもしれません☆

私のことを知りすぎている方たちは
タイトルの○○○を見て

「オ○ンチン

と直感したことでしょうwww

でも、ここでは
オ○ンチンではないんですね、残念でした

私の(心理的な)オ○ンチンを
ちょん切る話をさせていただくのは
もう少し先になりますので・・・☆

話が少しそれましたね。

かくして、愛と平和を取り戻した私たち。

どこへいくにも手をつないでいました。

ダイビングのときも
手をつないで潜っていたくらいw

どんどん親密になって
まるで家族のようになっていきました。

そのこと自体は
すごくいいことなんでしょうけれど・・・

のちのちになって
「まるで家族のように」親密になったことが
或る問題の一因となっていきます。

自分の”オンナ”が大嫌いで
弱音を吐いたり甘えたりすることも嫌って
自立しすぎる、というところも
依然として残ったまんまでした。

このこともまた、その問題を
助長することになります。

というわけで、まだまだ続きます☆↓

オス化女子つるぞの【13】自分の中のオンナを嫌っただけでは性転換はできないのです!?

2019年12月16日


 

新型コロナ・外出自粛でも受けられる☆オンラインメニューあります

ただいま、NOANOAでは

新型コロナで揺れ動く世界に不安やストレスを感じ、しんどくなっている方たちのため、お得にご利用いただける
【新型コロナ支援特別メニュー】Skypeカウンセリング90分

ご自宅からくつろぎながら参加でき、鶴園の誘導によるイメージワークで、心の深いところを癒やせる
オンライン版「癒やしの1Dayセミナー」

を、ご用意しております☆

いずれも、メルマガ限定でご案内しておりますので、ぜひこのチャンスに、メルマガ登録して、詳細情報をキャッチしてくださいね

まずは、メルマガに読者登録☆↓
【無料】鶴園みあ公式メルマガ


 

 

"自由で幸せな結婚の秘訣"
今なら無料!

しかも今なら
『貴女の未来は大丈夫?Gear婚チェックリスト』
もおつけします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

NOANOA代表 アラフォーの独身女性を幸せな恋愛・結婚に導く専門家。恋愛に大変苦労し、心理カウンセリングのスクールを受講。その翌年に結婚、翌々年に長男を出産。自身の経験から、アラフォー独身女性が幸せな結婚が出来るよう、現在は大阪市を中心に、心理カウンセリングやセミナーを開催している。