ママからオヤツを禁止されてる子どもは、よその人からもオヤツを受け取れない。。。

ども〜☆
恋愛・結婚サポーターの鶴園みあです^^

先週土曜日は

恋愛体質改善プログラム☆
プリンセスアカデミー【ベーシック】

の2限目を開催ました

新型コロナ感染拡大防止のため
今回も、オンラインでの開催です。

2限目のテーマは

自己愛

いっつもいっつも

「お前は、自己愛教の教祖か?」

って言われそうなくらい
しつこく言ってますが

自分で自分を愛するって
幸せな恋愛や結婚、というか
幸せになることそれ自体において
欠かすことのできない
ベース中のベースです

人から愛されたいと願うなら
まずは貴女が、貴女自身を
愛さないと、どないもなりません。

だいたい、例えばテレビショッピングで

「いや〜、私は、我が社のこの商品
全然気に入らんのですが
テレビをご覧の皆さんは
ぜひ買ってください

なんて言ってるのを観て
その商品、「買いたい」って思います?

商品そのものも、魅力的に映らないし
そもそも
自社の商品を愛していないその人を
商品購入で応援しようという気に
なれませんよね。

貴女が、自分自身を愛せていないのに

「どうか、こんな私を
あなたが愛してちょうだい」

って、他の人にやっちゃうのって
これと同じことなんですよ。

それにね

もし仮に、周りの人たちが、すでに
貴女を愛してくれていたとしても

貴女が貴女を愛せていないときというのは
そのことに気づけません。

「愛されてるわ〜
って、みんなの愛を受け取れません。

なんでか?

ちょっと個人的な昔話になりますが
私、子どものころは
超可愛らしかったようで
どこへ出かけても、知らん大人に
にこやかに話しかけられて
お菓子なんかも、よくもらったんですよ。

でもね、うちのおかん
「知らん人から、お菓子なんか
もらっちゃダメ
っていう人やったんです。

まあ、今の時代だと
「そりゃあ、何が入れられてるか
分からんもんね」
って、みなさん納得するかもですが

私がまだ小さかったころは
今ほど、物騒なことはなかったので
そういう発想は
あまりなかったと思います。

そうではなくて、おかん
ものすんごい罪悪感まみれの人なんですよ。

罪悪感まみれの人って
何かモノをもらっても

「わあ〜い、ありがとう〜

って単純に、ありがたく受け取るんじゃなくて

「こんなのをもらったら、こちらからも
それ相応のモノをお返ししないと
申し訳ないっっ

って思っちゃうし
そんなふうに気を遣うのが億劫だから
なるべく、モノをもらいたくない
ってなっちゃうようです。

それは、自分だけじゃなく
自分の子どもが
何かをもらったりしたときも
同じだったようです。

だから、私のおかんは

「人からモノをもらっちゃダメ

って、強く強く、私に禁止してました。

だけど、まだちっちゃいうちは
それでも私、知らん人からお菓子をもらって
嬉しそうに、それを
おかんに見せてたんです。

すると、おかん

「そんなん、もらったらアカン

って、小声だけど
すんごい形相で私を咎めた後
それをくれた
おっちゃん、おばちゃんのところまで
案内させ

「これは、もらえません」

って、お菓子を返してました。。。

まあ〜、そのときの
おっちゃん、おばちゃんの
残念そうな表情と言ったら・・・

それ見てるほうが
罪悪感、感じるわ
って感じでしたねw

そのうち、私も学習能力あるので
もう、最初から
お菓子を差し出されても
断わるようになりました。

 

例え話というか、昔話が長くなりましたが
貴女が自分を愛せていないときも
これと同じことが起こるんですよ。

「愛してほしい」と望んでいる貴女を
小さい頃の私

自分を愛せていない貴女を
うちのおかん

に置き換えてみてください。

どんなに周りが
貴女に愛を差し出していても

自分を愛せていない貴女は
自分に愛をあげないようにしているので

「いえ、これは、もらえません」

って、無意識のうちに
ブロックしちゃってます。

そうなると
どんなに周りが愛してくれていても
「愛してほしい」と望んでいる貴女は
その愛を受け取れない。

これじゃあ
愛されてないのと、同じですよね。

貴女がね、今

「私、誰からも愛されないんです」

って思ってるのって、じつはこんなことが
起こってるのかもしれませんよ。

だから
「愛されたい」
「愛されてると感じて、生きていきたい」
と願うなら、まずは
貴女自身が、貴女を愛さないとダメなんです。

自己愛、大事必須

というわけで
今回のプリアカでは
自分をまるごと愛せるようになるための
いろんなワークに
取り組んでいただきました☆

オンラインでも、自己愛のワークは
強力で、結構ダメージきますw

上の写真は、グループワークで
みんなから「誉め殺し」にあい
ダメージを受けてる
アシスタントのキャメロンちゃん

そして、画面の上右端
キャメロンちゃんを言葉攻めにして
悦に入ってる
アシスタントじゅりいのドス黒い笑顔にも
ご注目くださいw

いや〜、みんな、悶えたけど
楽しかったね〜、癒やされたね〜

プリンセスのみなさん、お疲れ様でした

そして
いいお手本を見せてくれた
アシスタントさんたちも
ホンマありがとうね〜

自分で自分を
愛せるようになりたい方は
こちらの無料メール講座で
日々トレーニングを続けてみてね


 

新型コロナ・外出自粛でも受けられる☆オンラインメニューあります

ただいま、NOANOAでは

新型コロナで揺れ動く世界に不安やストレスを感じ、しんどくなっている方たちのため、お得にご利用いただける
【新型コロナ支援特別メニュー】Skypeカウンセリング90分

ご自宅からくつろぎながら参加でき、鶴園の誘導によるイメージワークで、心の深いところを癒やせる
オンライン版「癒やしの1Dayセミナー」

を、ご用意しております☆

いずれも、メルマガ限定でご案内しておりますので、ぜひこのチャンスに、メルマガ登録して、詳細情報をキャッチしてくださいね

まずは、メルマガに読者登録☆↓
【無料】鶴園みあ公式メルマガ


 

 

"自由で幸せな結婚の秘訣"
今なら無料!

しかも今なら
『貴女の未来は大丈夫?Gear婚チェックリスト』
もおつけします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

NOANOA代表 アラフォーの独身女性を幸せな恋愛・結婚に導く専門家。恋愛に大変苦労し、心理カウンセリングのスクールを受講。その翌年に結婚、翌々年に長男を出産。自身の経験から、アラフォー独身女性が幸せな結婚が出来るよう、現在は大阪市を中心に、心理カウンセリングやセミナーを開催している。