【無料でプレゼント!!】「なんで結婚できないの?」が分かるeBook

ありのままの自分を差し出さずに、真実の愛は与えられない

ども〜☆
恋愛・結婚サポーターの鶴園みあです^^

貴女には

「こんな私を見せたら、きっと嫌われる」

と、隠している自分の部分はありますか?

「本当の自分がバレたら、拒絶されるから」

という恐れから、大好きな人から
距離を取ってしまっていませんか?

「ありのままの自分をさらけ出すことが
大事ですよ〜」

とは、このブログやメルマガでも
しょっちゅうお伝えしていることなんですが

私がここでツラツラ書くよりも
これを観ていただいたら

「ありのままの自分を隠して恋愛をすると
自分にとっても相手にとっても
どんな残念なことになるか」

が一発で分かる、という映画を
今日は、ご紹介しますね☆

今年の2月25日から3月の何日かまで
公開されていた

「シラノ」

公式サイト

シラノ・ド・ベルジュラックという
実在した人物が主人公。

彼は、剣の達人で、詩人でもあり
勇気と知性とユーモア溢れる人なのですが

見た目のコンプレックスから
ロクサーヌへの愛を打ち明けられず

ものすんごい「間違った愛し方」を
してしまいます。

あんまり書くと、ネタバレになるので
やめときますが

要するに

拒絶されることを恐れて
本当の自分を隠して
完ぺきな自分を装うことは

どんなに表面上は
「そのほうが、あの人は幸せだろうから」
などと、愛っぽい理由を並べたとしても

大好きな人を本当に愛することにはならず
結局、自分のプライドを
愛しているにすぎない

ということなんですね〜。

シラノ役の俳優さん、小人症の方で
決して、一般にいう
シュッとしたイケメンではありません。

背は小さいし、手足も短いし
お顔は、髭が青くて、ゴツゴツしてるし。

でも、なんか、めちゃめちゃ格好いい!

なのに、この俳優さんが演じた
シラノという男性は
最後まで、残念な男でしたw

勇気を出して、はよ愛を打ち明けろ!

自分をさらけ出せ!

って、私、ずっと心の中で
彼の背中をボコボコ蹴飛ばしてたんですが
ホンマ残念なヤツでしたわ〜^^;

ぬあ〜、なんで貴様は、そうなんや〜!?
アホーーーーー!
ホンマ男ってやつはっっ!

って、残念すぎて腹立ったんですが
そんなシラノも、愛おしくて。

男性は特に、こういう愛し方をしがちです。

そんな男の愚かさが愛おしくもあるし

女性の私の中にも
シラノみたいな部分があって
それも、ほんまアホやけど
愛おしいなあって思います。

でも、シラノとロクサーヌのような
寂しい関係にはなりたくないので

自分のプライドや恐れに捉われて
ありのままの自分を隠すのではなく

相手への真実の愛を選択して
ありのままの自分を与えたいですね〜☆

大好きな人の前で
ありのままの自分を隠して
完ぺきを装ってしまう人は
ぜひ、この映画、観てください♡

映画館での上映は終わってますが
7月6日にブルーレイが出るみたいだし☆

「男って
こういう変な愛し方をしがちだから
表面の言葉や態度を
鵜呑みにしちゃダメよ♡」

っていうのを学ぶのにもいいですねw

そしてロクサーヌは

お金目当てに
公爵と中途半端に付き合いながら

「でも、やっぱり
真実の愛で結ばれる結婚がしたい」

と思っているのだけど

そのくせ
ハンサムなクリスチャンに恋をして

情熱的でロマンチックな言葉が並ぶ
彼からの恋文(じつはシラノの代筆w)に
舞い上がり

本当に自分を愛してくれているシラノに
気づきません。

婚活女性の中にも

「条件で結婚相手を選ぶのは、嫌。
やっぱり愛のある結婚がしたい♡」

と言いながら
(でも、年収は気になるw)

「イケメンから、毎日ハートが溶けるような
愛の言葉をささやいてもらって
ときどき、ロマンチックなデートをして」

みたいに、ファンタジーばかりを追いかけて
本当に自分を大切に思ってくれる男性を
見落としてしまっている人
多いんですよね。

この映画で、ロクサーヌを見て
ムカつく人もいるかもしれませんが
ご自身も何気にそんなことをしていないか
ぜひチェックしてみてください。

まあ、そういう理屈を抜いても
めちゃめちゃ素敵な映画です!

ストーリーはもちろんのこと
音楽も素敵だし
セリフの1つ1つが深くて、完ぺき!

余韻がすごくて、映画館から帰宅して
もう1回予告動画観たら
また泣けちゃいましたw

予告動画は、こちら↓

それから、シラノ役の
ピーター・ディンクレイジさんの
インタビュー動画は、こちら↓

 

"自由で幸せな
結婚の秘訣"
今なら無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください