「親密になること」と「密着すること」は違う

ども〜☆
恋愛・結婚サポーターの鶴園みあです^^

貴女は
「人と親密になる」とか
「親密感が感じられる関係」とか
そういうのをイメージしたとき
どんな状態、どんな関係を
思い浮かべますか?

いつも一緒にいるとか
一緒にいるときの
距離が近い、密着してるとか
しょっちゅう、しょっちゅう
メールやLINEでやりとりをしてるとか
そんな感じのを
イメージしてたりしませんか?

そして、そういうのをイメージしては
「人と親密になるってさ〜
まあ、寂しくないのはいいんだろうけど
いつもベッタリなのって
なんか、それはそれで、暑苦しいし
窮屈だし、めんどくさいな〜
って、げんなりしてる貴女もいない?

昨日は

親密感への恐れを癒やす1Dayセミナー

を開催したんだけど、そこで
案外、こういう誤解をされてる方って
多いんだな〜ということを知ったので
今日は、このことについて
お話ししますね☆

人と親密になるとか
親密感が感じられる関係になるというのは
必ずしも
物理的密着とか、頻繁なやりとりなどに
頼る必要はありません。

むしろ
いつも一緒にいるとか
いつもベッタリ密着しているとか
頻繁に連絡を取り合うとか
そういったことだけで
親密さを得ようとすると
貴女も、お相手も
不自由さを感じて、しんどくて
うまくいきません。

親密感というのは
相手とのあいだに感じられる一体感や絆
どんな自分も赦され、受け容れられている
という安心感や信頼
といったものが含まれている感情です。

そして
たとえ、いつも一緒にいなくても
遠く離れていても
頻繁に連絡を取り合うことがなくても
物理的に距離のある人どうしでも
その人と関わったり、思い浮かべたときに
この感情が感じられるなら
それは、親密な関係だといえるでしょう。

また
距離が離れている人どうしでも
この親密感が感じられる関係を築くことは
可能です。

というか、こういう親密さなら、貴女も
不自由じゃないし、窮屈じゃないでしょ。

「つながり」と「自由」は、両立しない
という人がいるけれど
そういう人って、つながりとか親密さに関して
大なり小なり
「物理的密着」とか「頻繁なやりとり」
っていう誤ったイメージを
持ってるんじゃないかな。

だけど、本当は
「つながり」と「自由」は
両立するんですよ☆

だから、パートナーとのつながりを感じながら、お互いの自由も尊重される、そんな「Lib婚」も、可能なんです☆↓

アラフォー独身女性の幸せな結婚への7ステップLib婚⇔Gear婚

お母さんとお腹の中にいる赤ちゃん以外
人間というのは、特に大人は
多少なりとも、互いに離れているものです。

ずっと一緒にいるとか
いつもベッチャリ密着してるとか
頻繁に連絡を取り合うとか
そんな関係を
自分の独立性や自由を放棄することなく
続けることは、難しいでしょう。

じゃあ、そんな大なり小なり
物理的な距離のある人どうしで
親密感が感じられる関係を築くには
どうしたらいいのか?

2人の隙間をつなぐものは
なんなのか?

それは、一言で言うなら
コミュニケーション

あ、でも、だからと言って
頻繁に連絡するとか
またそっちを考えないでねw

やみくもに
やりとりするだけじゃダメです。

量より、質ですよ。

親密感のために大切な
コミュニケーション、それは

自己開示 と フィードバック

です。

上っ面の自分だけを見せていたのでは
「どんな自分も受け容れてもらえてる」
という安心感も信頼も、得られません。

人から愛されることを信じられない。。。

2019年11月1日

だから、ありのままの自分を見せる
自己開示が、大事です。

それから、「分からない」というのは
不安だし、そこに疑念や誤解が生じて
親密感は得られません。

なので、相手のことで
分からないことがあるなら
自分1人で想像したり推測するのではなく
(独り相撲から、関係を壊してしまう人は
本当に多いです。)
相手にいろいろ聞いてみる
つまり、フィードバックすることで
相手のことや、相手が何を考え
どう感じているのかについて
深く知っていくことも、大事です。

そして、相手のいろんな面を知るたびに
それを赦し、受け容れていく

お互いが、お互いの、いろんな部分を
赦し、受け容れていくことで
親密感は、どんどん増していきます☆

でね〜

「人と親密になりたいはずなのに
なぜか、親密になるのが怖かったりもする」
っていう人の多くは、この
「ありのままの自分を開示する」
ってところに、抵抗があるようです。

なぜ、自己開示に抵抗があるのか?

そこには

「だって、こんな自分を見せたら
きっと、嫌われるから」

「それくらい、ありのままの私は
邪悪で、汚れていて、ろくでもない」

っていう
超ネガティブなセルフイメージがあります。

これ、誤解なんですけどね。

で、今回の
親密感への恐れを癒やす1Dayセミナー
では

「こんな私は、邪悪で、汚れていて
ろくでもない」
と思って、ずっと隠してきた自分の部分を
差し出し、光のもとに晒して
愛と祝福を受け取る

というセッションが、多かったですね〜。

また、みなさんの
超ネガティブなセルフイメージを
書き換えるための、イメージワークにも
取り組んでいただきました☆

「こんな私は、邪悪で、汚れていて
ろくでもない」
なんて、なんの根拠もないのに
何気に信じてしまっている人が
本当に多いのだけど
この誤解から解放されて
どんな自分も愛せるようになり
さらけ出せるようになることで
親密感への恐れは、乗り越えられます。

また、ここでも、「自己愛」ですね☆

今回のセミナーに
ご参加くださったみなさんが
超ネガティブなセルフイメージを手放して
人との親密な関係を築けるようになることで
「つながり」と「自由」の両方を手にして
幸せになりますように

ご参加くださったみなさん
ありがとうございました

私に彼氏ができないのは、美人じゃないから?魅力がないから?

2019年9月26日

あまりにも怖すぎて逃げ出す人が続出したセミナー

2019年9月17日

ピンポンダッシュの男

2019年9月11日

好きな人とラブラブになりたいけど、近づくのは怖い。。。

2019年7月5日

「親密感への恐れ」と「門限」と「白タイツ」のお話。。。

2018年8月3日

 

"自由で幸せな結婚の秘訣"
今なら無料!

しかも今なら
『貴女の未来は大丈夫?Gear婚チェックリスト』
もおつけします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

NOANOA代表 アラフォーの独身女性を幸せな恋愛・結婚に導く専門家。恋愛に大変苦労し、心理カウンセリングのスクールを受講。その翌年に結婚、翌々年に長男を出産。自身の経験から、アラフォー独身女性が幸せな結婚が出来るよう、現在は大阪市を中心に、心理カウンセリングやセミナーを開催している。