オス化女子つるぞの【15】二日酔いの温泉パークで結婚を想いました!?

「ヤドカリ事件」から約1年後、私は
司法書士事務所を独立開業しました。

それまで住んでいた
ワンルームマンションから
2LDKのマンションに引っ越し
洋室を事務所スペースに利用しての
自宅兼事務所です。

もちろん、カレも
一緒に引っ越しました。

あ、もうすでに、カレが
今の旦那であることを明かしているので
これからは「カレ」ではなく
「相方」(え?)と呼ばせてもらいますね☆

ふだん旦那のことを
そのように呼んでいるのでw

前回のお話は、こちら↓

オス化女子つるぞの【14】カレと私は、ダブルで戦闘モードな2人なのです!?

2019年12月16日

このシリーズ全話のリストは、こちら↓

【実話】オス化女子つるぞのが恋愛での数々の失敗を乗り越えて幸せになるまでのストーリー【記事リスト】

2020年1月1日

さて、前回お話ししたように
自立どうしの2人だったわけですが
このころの私たちがどんな生活を
送っていたかというと・・・

2人とも、平日は夜10時すぎまで働き
夜中に相方が帰ってきてから
一緒に食事を摂り、食事中の2人の会話は
仕事の話ばかりでした。

また、就寝のために和室リビングに
布団は敷くものの、2人ともすぐには寝ず

相方はプレステ2でゲームに没頭し

私は布団に寝転んで、読書・・・
これまた仕事関係の本でした。

休日はというと
相方は、近所のパチンコ屋に出かけ

私は、朝出かける相方を
布団の中から見送った後、二度寝し

たいていそのまま、相方が帰ってくる夜まで
泥のように眠りました。

どうですか、こんな生活?

いま思えば、殺伐としてますね

ただでさえツインターボな
自立どうしの2人でしたが
独立開業したとたんに私は
さらに自立の度合いを増したようです。

独立開業すれば、固定給ではなくなります。

自分が仕事を取ってこなければ
食べていけません。

でも、開業したとたんにワンサカ仕事が
入ってくるはずもなく、最初の3年くらいは
将来への不安がつきまとったものです。

預金口座の残高が底をつきかけて

「もうこれ以上、続けられないかも

というくらいの危機に直面したことも
何度かありました。

お客さんとのトラブルなども全部
自分で解決しなければなりません。

仕事での不安やストレスは
たまる一方でした。

でも私は、そんなときでも
相方に愚痴を言ったり
弱音を吐いたりすることは
ほとんどありませんでした。

「私の事務所なんだから
なんとかできるのは私しかいない」

「愚痴を言ったところで
状況が変わるわけじゃないし」

そう思ってたんですね。

しかも、自宅兼事務所だったので
仕事とプライベートの切り替えが難しく
(ただでさえ切り替えが下手な
私でしたし・・・

四六時中
仕事のことばかり考えている状態が
続きました。

1人のときも、相方と一緒にいるときも
頭のなかは仕事のことばかり。

それってしんどいだけでなく
相方との関係も
マンネリ化してきちゃいますよね。

そんな生活を私たちは
3年ほど続けました。

3年経つと仕事のほうは
何とか軌道に乗ってきました。

でも、軌道に乗ってきたら乗ってきたで
尋常じゃない仕事量を自分一人でこなすため
どんどん
オーバーワークになっていきました。

当時私は、自分のことを
「回し車の中で走りつづけるハムスター」
のように感じていました。

走れば走るほど
回し車は、ますます速く回り

それに合わせて
さらに速く走らなければならなくなって

どこまで行っても、休めない・・・

そんな感じだったんですね。

また、相方との関係も

同棲を始めて約5年
喧嘩もあまりしなくなったし
お互い好きに生活できているし

ある意味、安定してはいましたが

それ以上に進展する様子は
見られませんでした。

考えれば、当たり前なんですけどね。

だって、付き合い始めた当初から私は
結婚するつもりはありませんでしたし

相方も、そんな私の意向を知っていたうえに
いちど離婚しているせいもあって
結婚しようなんて言いませんでしたから。

仕事もパートナーシップも・・・

「このまんまの状態が
延々と続くのかなあ・・・」

そう考えると
まるで、長い、長い、細いパイプの中を
出口も見えないまま
延々と這い進んでいるような
閉塞感と絶望感に襲われたりもしました。

そのうちに

「こんなのが人生なら
今すぐに終わっても
大して惜しくないかも・・・」

という、強烈ではないけれど漠然とした
”死の誘惑”が
私をときどき襲うようになりました。

当時の私は、そんな状態でした。

ところで先日、ある方から

「今までの男性と比べると
あまりパッとしない人のようなのに
なぜ、そんなカレと
結婚しようと思ったんですか?」

というご質問をいただきました。

確かに、確かにw

今まで付き合った男性たちと比べたら

イケメンでもないし、おしゃれでもないし

頭は悪くはないけど
キレるという感じでもないし

アクティブでもないし
地味で、パッとしない人だと思います。

他の読者のみなさんも
この方と同じような疑問を
持たれているかもしれませんね。

恋愛ドラマでもそうですが

「なんでこのヒロインは
こんなしょうもない男がいいのかしら?」

なんて思ってたら
続きを観ようというモチベーションが
上がりませんよね?

「こんなに素敵な男性との恋なら
ぜひ成就してほしい

って思ってこそ
夢中でドラマの続きに喰いつくもの。

このシリーズも、そうであってほしい

なので今日は
私が相方と結婚したいと思う
きっかけとなった出来事について
お話ししたいと思います☆

死の誘惑がチラつくようになったころ
私たちは、南紀白浜に
一泊のダイビング旅行に出かけました。

南紀白浜に
Tさんというおっちゃんがいます。

平日は、普通に会社勤めをされていて
週末だけ
自宅の庭に建てたコテージに客を泊め
ダイビングのガイドをされているという
変わり種のおっちゃんです。

私たちは数ヶ月に一度
このおっちゃんのところで
ダイビングを楽しんでいました。

ところがこのとき
海の状態は最悪でした。

白浜に着いた初日は
海が大荒れで船が出せず
ダイビングは断念。

その代わり、おっちゃんの車で
ドライブに連れていってもらい
夜はコテージで、クエ鍋をつつきながらの
飲み会となりました

料理があんまり美味しいのと
旅行に来たという解放感から
私たちはついつい飲みすぎてしまいました。

相方は早々にダウンし
私は、夜中に何度も
トイレで吐いたほどです

翌朝も、2人とも
二日酔いが残っていました。

海はやっぱり大荒れ・・・
潜れる状態ではありません。

まあ、私たち2人も
まともに潜れる状態では
ありませんでしたけどねw

というわけで
ダイビング旅行に来たはずなのに
ダイビングは断念せざるをえませんでした。

そこでおっちゃんは

「僕は今日、家で1つ
片付けないといけない仕事があるから
キミたち2人で
温泉パークに行っておいでよ」

と言って、私たちを車で
温泉パークに送ってくれました。

私たちは2人とも二日酔いで
いっそコテージで、何もせず
寝ていたいくらいだったんですけどねw

まあ、でも
せっかく白浜にきたんだから
寝てばっかりでも
もったいないじゃないですか。

なので、ヘロヘロの身体にムチ打って
温泉パークをまわりました。

温泉に浸かってアルコールが抜けたのか
少しは身体が
楽になったような気もしました。

で、ひととおりまわり終わって

「そろそろ帰ろうか」

ということになったんです。

おっちゃんからは

「帰るときは電話してくれたら
迎えにいくよ」

って言ってもらってたんですけどね

おっちゃん、たぶん今ごろ
家で仕事してるでしょ。

それに、私も相方も
人を頼るのが超苦手・・・。

結局、おっちゃんには電話せず
かと言ってタクシーもバスも見当たらず
「歩いても帰れそうだし」
ってことで、歩いて帰ることにしました。

脚力には自信のある二人
・・・でしたが
なにせ二日酔いでフラフラで、しかも
予想以上に長い道のりで・・・

最初は、「大丈夫だよねえ☆」なんて
ちょっぴり強がった笑顔も見せながら
歩いていたんですが

やがて、身体も足も重くなり
極度の疲労から、笑顔も会話もなくなり

2人ともうつむき加減で、無言で
トボトボと歩きつづけました。

でも、それでも、たどりつきません。

そのうち、これまで続けてきた
頑張りも強がりも利かなくなって
私は半べそをかいていました。

「つらい」

「しんどい」

そんなことを言うたところで
それで何かが変わるわけやないんやから
だったら、こんな愚痴や弱音は
吐かへんほうがマシ。

今までそんなふうに思っていたのに
そうも言っていられなくなって
何が変わるわけでもないのに
「つらい」「しんどい」って
何度も何度も言っていました。

今まで付き合ってきた男性や
もっと昔に、父に
こんなことを言っていたなら、きっと

「そんなん言うたって、しょうがないやろ

そんなこと言うてる暇があったら
頑張って歩きなさい

って、叱られていたことでしょう。

でも、相方は、ちょっと違ってたんですね。

「そやな、しんどいな、つらいな」

そう言って、私の泣きたい気持ちを
受け止めてくれました。

受け止めながらも、流されることなく

「でも、頑張ろう」

と、励ましてもくれました。

今までの私は、泣きたいくらい辛くても
泣くのを我慢して頑張る
という頑張りかたばかりをしてきました。

でも、このとき
泣きごとを垂れ流しながら(笑)頑張る
泣きながら頑張る、という頑張りかたを
初めて知ったのです。

「しんどい」「つらい」を吐き出して
相方に受け止めてもらうことで
わずかではありましたが
私は、元気になった気がしました。

だからその後、彼から
「でも、頑張ろう」と言われても、素直に
「そうだ、頑張ろう」
という気持ちになれたのです。

逆に、弱音を吐くのを我慢して
黙々と歩きつづけていたなら
途中で限界に達して
一歩も歩けなくなった気がします。

でも、彼に「つらいな、しんどいな」と
辛さを共有してもらいながら歩いたおかげで
トボトボではあったけれど
途中で限界に達することなく
おっちゃんの家に
たどり着くことができました。

道のりの最後あたりには
そうやって彼と2人
「つらいな」「しんどいな」って言いながら
手をつないで歩いている時間が
とても愛おしく感じられたほどでした。

そして、思ったんですね

「この人となら、結婚したいなあ」

って。

確かに、地味でパッとしない人なんですが
彼には、私の弱さも受け止められるくらいの
本当の強さと優しさがあるんですね。

こんな感じで
ご納得いただけたでしょうか?

これからのお話を
読んでいただくモチベーションも
少しは上がったでしょうか?笑

というわけで、最後に
その相方のイメージを
絵にしてみました☆↓

す、すんませんすんません
ホンっマ、すんません
(誰に、何について
謝っているのでしょうか?)

やっぱり絵心ゼロです、はい

でも、うちの息子のたっくんに
「これ、だあれだ?」って見せたら

「お父しゃ~~~ん☆」

って即答だったので
似てるのは似てると思います。

あ、いつも
こんなコスチュームを
着てるわけではないです。

あくまで、私の中のイメージで・・・
(どんなイメージやねんっ

というわけで、かえって

「なんで、こんな人と
結婚するのん???」

と、みなさんの疑問を
強化させてしまったかもしれませんねえ

このことで
この後のお話を読まれる
みなさんのモチベーションが
下がってしまわないことを
切に祈っております

でもね、これだけは言えます☆

私にとって相方は、まぎれもなく
この世でいちばん
「良いオトコ」なのです☆

どんだけ、はたから見て地味だろうが
服の趣味が絶望的に悪かろうが
原始人だろうが
耳毛ボーボーだろうが・・・です。
(余計にイメージ下げてない?)

パートナーって
そういうもんなんですよね。

でも、結婚までの道のりは険しく
まだまだ続くのでした

次回に続きます☆↓

オス化女子つるぞの【16】ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりが、この世界に導いてくれました!?

2019年12月17日


 

新型コロナ・外出自粛でも受けられる☆オンラインメニューあります

ただいま、NOANOAでは

新型コロナで揺れ動く世界に不安やストレスを感じ、しんどくなっている方たちのため、お得にご利用いただける
【新型コロナ支援特別メニュー】Skypeカウンセリング90分

ご自宅からくつろぎながら参加でき、鶴園の誘導によるイメージワークで、心の深いところを癒やせる
オンライン版「癒やしの1Dayセミナー」

を、ご用意しております☆

いずれも、メルマガ限定でご案内しておりますので、ぜひこのチャンスに、メルマガ登録して、詳細情報をキャッチしてくださいね

まずは、メルマガに読者登録☆↓
【無料】鶴園みあ公式メルマガ


 

 

"自由で幸せな結婚の秘訣"
今なら無料!

しかも今なら
『貴女の未来は大丈夫?Gear婚チェックリスト』
もおつけします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

NOANOA代表 アラフォーの独身女性を幸せな恋愛・結婚に導く専門家。恋愛に大変苦労し、心理カウンセリングのスクールを受講。その翌年に結婚、翌々年に長男を出産。自身の経験から、アラフォー独身女性が幸せな結婚が出来るよう、現在は大阪市を中心に、心理カウンセリングやセミナーを開催している。