恋愛やお付き合いとなると、感情をコントロールできなくなる。。。

ども〜☆
恋愛・結婚サポーターの鶴園みあです^^

恋愛やお付き合いでは、特に
感情のアップダウンが激しくなる。。。

気分が落ち込んできたとき
なんとか立ち直ろうとするのだけど
どうしても、ひきずられる。。。

そして、それがしんどくなると、つい
感情的になって、カレにぶつけてしまう。。

そのせいで、お付き合いをしても
喧嘩することが多くなって
いつも長続きせず、関係が壊れてしまう。。

このお悩みも、意外と
ふだんは理性的で、ストイックな人に
多いんです。

こういう人って
ネガテイブになることや、落ち込むことを
嫌っています。

自分の中に、ネガティブな感情が出てくると
そこに蓋をして、抑圧します。

我慢する、というか
目をそらす、というか
切っちゃうんですね。

ふだんの生活でなら
感情が激しく動くことは、そう多くないので
このやり方でも、まあまあ
抑え込めるんですよね。

だけど、恋愛って、感情でするものですから
当然、感情が激しく動きます。

そうなると、さすがに
抑え込めない、振りまわされる
そして、しんどくなる。。。

自分ではどうしようもなくなって
カレにぶつけてしまう

でも、これに上手に対応できる男性なんて
なかなかいないので
カレも、たいがいキャパオーバー
喧嘩になって、関係が壊れる。。。

で、いつも、お付き合いが続かない

というか、そんなことを繰り返すうちに
恋愛そのものが、億劫になってきた
なんて人も。。。

そして、こういうお悩みをお持ちの方って
ご相談される際に、たいてい

「感情を、コントロールできないんです」

みたいなことを、おっしゃいます。

でもね。。。
「感情をコントロール(制御)する」
っていう考え方そのものが、そもそも
間違ってるんですよ。

だってね

感情とウンコは一緒

なんです。

どんなに頑張って
出ないようにしようってしても
感情も、ウンコも、出るときは出るんです。

制御なんて、とうてい無理だし
そんなことをしたら
心だって、身体だって、病んでしまいます。

現代社会では、多くの人が
感情との付き合いかたを知りません。

まあ、無理もないんですよね。

だって、子どものころ、家でも学校でも
感情を抑え込んで
我慢することばかり強いられて
感情と「付き合う」術を教わる機会って
ほぼ皆無で、育ってきたのですから。

幸せな恋愛や結婚だけでなく
あらゆる人間関係を良好に保つためにも
自分の感情との上手な付き合いかたを
ぜひ知っていただきたいな〜と思うのです。

そして、それを日々
実践、練習することが大切です。

感情との付き合いかたって
頭で分かるだけでは
なかなか上手くできませんからね。

ネガティブになったり、落ち込んだりしたとき
「私が弱すぎるんだ」とか
「甘えすぎてるんだ」とか
「ワガママなんだ」って
責めて、否定して、我慢すると
やがて、しんどくなって、我慢も限界に達し
えげつない勢いで
しかも、ねじれたかたちで噴出するので
逆効果なんです。

じつは、感情って
そのまんまを受け止めて
じっくり感じつくすと
まるで、飴玉が口の中で溶けていくように
やがて「成仏」して、消えていくか
別の感情に変化していくものなんですよ。

逆に、抑圧すると、その感情は
「成仏」できずに、心の深いところに居座り
これが、ふとしたときに暴れだし
貴女の足を引っ張ったり
問題を引き起こしたりします。

なので、感情は、制御するのではなく

対話し、理解し、受け容れ
愛してあげること

が大事。

自分の感情と上手に付き合えるようになると
ネガティブになったり
落ち込むことがあっても
そこからスムーズに回復できるので
ご機嫌でいられる時間が増えて
貴女の心も、パートナーとの関係も
安定しますよ☆

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ご感想、ご質問など、気軽に話しかけてね☆↓

友だち追加

“自由で幸せな結婚の秘訣”が、今なら無料!

LINE@の友だち追加で
Lib婚eBook(PDF)を
1,200円のところ、無料でプレゼント☆

しかも今なら
『貴女の未来は大丈夫?Gear婚チェックリスト』
もおつけします!

『アラフォー独身女性の幸せな結婚への7ステップ Lib婚⇔Gear婚』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

NOANOA代表 アラフォーの独身女性を幸せな恋愛・結婚に導く専門家。恋愛に大変苦労し、心理カウンセリングのスクールを受講。その翌年に結婚、翌々年に長男を出産。自身の経験から、アラフォー独身女性が幸せな結婚が出来るよう、現在は大阪市を中心に、心理カウンセリングやセミナーを開催している。