【無料でプレゼント!!】「なんで結婚できないの?」が分かるeBook

理想的な親に育てられたら、理想的な人生を送れるのか?

ども〜☆
恋愛・結婚サポーターの鶴園みあです^^

私たちにとって、子どものころの
お父さんとの関係は
恋愛や結婚、お仕事、お金など
いろんなところに影響する
と、よくお伝えしておりますが

お父さんが、ろくでもない人だと
貴女の人生に
ネガティブな影響を与えるけど

お父さんが、理想に近い人なら
その心配はないのか?

というと、じつは
そんなことはないんです。

お父さんとの関係が
貴女の人生に
ネガティブな影響を与えるかどうかは
お父さんが素晴らしかったか
ろくでもなかったか、には
全く左右されません。

4月に開催した
(ずいぶん前のお話ですがw)

ハートらぼ4時間スペシャル
〜お父さんとの関係を癒やす〜

に参加されたWさんのお父さんも
とっても優しくて
Wさんにとっては理想的な人でした。

だけど、むしろそのことが
Wさんの中に、強い罪悪感を
作ってしまっていたようです。

今日は、そんなWさんからいただいた
ご感想をご紹介しますね☆

Wさんのご感想

父親のことは
小さいころからお父さん子で
優しいと思っていて
普段、考えることがなかったので​

逆に、今回の貴重なテーマで
考えるきっかけとなればと思い
申し込みました。

​冒頭の
男性とはこんな生き物です
というところから
そうなんだ~と
驚くことが多かったです。

​​高校の頃、お父さんが
部屋に入ってくるのが嫌で
顔も上げないで
話もしなかったですが

そんな時に心の中でお父さんに
ごめん。と謝ることがあった

ということを思い出しました。

​それはそれで
罪悪感があったんだ
と思い出しました。

​一番最後のイメージワークでは
そんな自分も
仕事で頑張っていたお父さんも
許せるようで、号泣でした。

​本当に
このような機会がなければ
思い出すこともなかった
と思いますので
参加できてよかったと思います。

​4時間スペシャル
いつも、あっという間の時間です。

​いつも、充実した豊かな時間を
ありがとうございます。

​また、楽しみにしています。

Wさん、ご感想ありがとうございます!

私たちって
親が素晴らしかろうが、そうでなかろうが
「反抗期」はやってくるものです。

反抗期じゃなくても
親ほどにものすごく親密な相手には
何か気に入らないことがあれば
不満をぶつけたり、ゴネたり、拗ねたり
悪い態度を取るものです。

これって、それくらい
心的に近い関係だ
ということなんですけどね

だけど、そんなことをしながらも
私たちは、大なり小なり
そんな自分を心のどこかで
責めてしまっています

「お父さんお母さんに
悪い態度を取る私は、悪い子だ!」

って。

まだ、親が
ろくでもない人でいてくれたなら

「そんなこと言っても
お父さんお母さんだって、ろくでもなくて
私にひどい態度を取ってるんだから
私が悪い態度を取っても、赦されるよね?
おあいこよね?」

と、親のろくでもなさを
「免罪符」に使えます。

ところが、親が理想に近い人だと
この「免罪符」が使えません。

そうなると、そんな素晴らしい親に
反抗したり、悪い態度を取ってしまう自分が
ものすごく悪い子どもであるように感じて
(ただ単に、親密感ゆえのことなのですが)
罪悪感まみれになっちゃいます。

そして、この強すぎる罪悪感が
大人になってからの私たちの人生に
慢性的な問題を作ります。

Wさんは、今回
優しかったお父さんに
悪い態度を取ってしまっていた
自分の不完全さも

一見、完ぺきに見えていた
お父さんに隠された
不完全さや痛みの感情も

優しく抱きしめることができたようです。

深い癒やしの体験をしていただけたようで
本当によかったです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください